[更新]美味しい! サクサクっと新食感フローズンフルーツ『HenoHeno』をお取り寄せ

2019年5月にご紹介したフローズンフルーツ『HenoHeno』。「フードロスを美味しく解決する」をコンセプトに、まだ美味しく食べられる状態でありながらこれまで破棄されていた果物を、特殊冷凍技術で新食感に作り変えたプロダクトです。

法人の福利厚生サービスとして、オフィス向けに展開している商品ですが、一般向けにもオンラインショップで手に入れることができるようになりました。

「フードロスを美味しく解決する」 というコンセプトに共感し、何よりその特殊冷凍技術による新食感、そして高級フルーツをちょこっとずつ楽しめるということで、ずうーっと気になっていた『HenoHeno』。念願かなって、お取り寄せしてみました!

今回購入したのは『HenoHeno Pua

『HenoHeno』 は、季節のフルーツをそのまま凍らせた商品なので、シーズン毎にセット内容が変わります。購入したのは、2019年11月下旬。その時点では、以下のラインナップで、迷いに迷って『HenoHeno Pua』を選択!(価格は、すべて税込)

  • 秋色ぶどう旬MIX (山形&福島県産) 4,000円
  • 山梨県勝沼ぶどうMIX (勝沼産ぶどう 佐藤農園) 4,000円
  • HenoHeno Pua 3,500円
  • いつの世までもパイン&マンゴー 5,000円
  • お肌プルーンプルーン 3,000円

ラインナップには、このほか、2019年10月12日に日本に上陸し、激甚な被害をもたらした台風19号による被災地支援になる「リンゴパック 10パック」(3,240円 ※売り切れでした)や、「スムージー5種セット」(2,500円)なども。

今回購入した『HenoHeno Pua』は、桃、梨、黄金桃、西洋梨、さくらんぼのセット。 5種類のフルーツが1セットになったパックが、10パック入っています。

自然な甘さで、とっても美味しい! 生の果物をそのまま凍らせた天然のままの味。凝固剤や保存料を使用しない安心安全の完全無添加です。商品に同封されていた情報によると、天然のままなので「味に多少のばらつきがあることを予めご了承ください」とのことでしたが、すでに3パック食べましたけど、特段、気になりません。

サクサクとした食感も楽しく、アイスキャンディと生のフルーツの間って感じ!(伝わります??) 個人的には、すこーし溶けて、生の果物感が出てきた頃が食べ頃。フルーツの甘みや風味が感じられて、よりいっそう美味しい。

マイナス35度以下(!)で製造されているそうで、家庭の冷蔵庫(マイナス18度)では「商品の色や見た目に変化がみられる場合がございます。品質には問題ありませんが、おいしく食べていただくために、賞味期限に関わらずお早めにお召し上がりください」とのこと。

気になる賞味期限ですが、私の場合は2019年11月25日の注文で、届いた商品の賞味期限が2020年1月3日。手元に届いてから約40日間弱といったところです。

henoheno

これからの季節、ぬくぬくのお部屋で、冷たいフローズンフルーツをいただく幸せを。家事やお仕事、勉強の休憩・息抜きにも、リフレッシュできて、とってもおすすめです。

<商品概要>
HenoHeno Pua
冷凍フルーツ10パック入り
価格:3,500円 税込(送料別)
内容:桃(あかつき) 福島県産/梨(幸水) 福島県産/黄金桃 長野県産/西洋梨(バートレッド) 福島県産/さくらんぼ(紅秀峰or佐藤錦) 山形県産
内容量:10g
保存方法:マイナス18℃以下
> 詳細を、Amazon(アマゾン)で見る

一般購入できるオンラインショップ

公式オンラインショップ

HenoHeno Pua | フローズンフルーツ「HenoHeno」
https://henoheno-fruits.stores.jp/

Amazon(アマゾン)

フローズンフルーツ「HenoHeno」
https://amzn.to/2Re856E

パックされている状態だと、桃がちょっとハムっぽい(笑)
器は、深澤直人×益子焼窯元の新しい器「BOTE & SUTTO(ボテ アンド スット)」

<関連記事>
プロダクトデザイナー深澤直人×益子焼窯元の新しい器「BOTE & SUTTO」誕生 | japonism https://japonism.jp/life/utsuwa/boteandsutto.html


※以下、2019-05-24 掲載記事

サクサクっと新食感フローズンフルーツ『HenoHeno』、東京都・横浜市のナチュラルローソンの一部で発売

特殊冷凍技術でつくられた新食感フローズンフルーツ『HenoHeno』が、2019年5月7日より3ヵ月の期間限定で、東京都・横浜市のナチュラルローソンの一部で販売中です。

『HenoHeno』は、「フードロスを美味しく解決する」をコンセプトに、不揃いの形状や流通過程での品質劣化など、まだ美味しく食べられる状態でありながらこれまで破棄されていた果物を、特殊冷凍技術で新食感に作り変えたプロダクト。

特殊冷凍の製造プロセスで、素早い凍結スピードが作り出す細かい結晶が、サクサク噛みしめる味わいを実現。凍っていながらサクッと楽しめる新食感や、フレッシュな風味や甘味などが特長です。

国産ブランド果物のみを使用し、完全無添加100%果物にこだわり、保存料などの添加物は一切使用せず、凍結のみで品質を維持し、長期保存を可能にしたという。

特殊冷凍機商社であるデイブレイク株式会社(東京都品川区)が、初の自社冷凍商品として開発し、2019年3月よりオフィス向け提供サービスをスタート。今回は、3ヵ月の期間限定で、チュラルローソン約40店舗にて一般販売中です。

新触感フローズンフルーツ「HenoHeno」

年間約100万トンともいわれる国内の果物の破棄。『HenoHeno』は、これらのフードロス削減に貢献するとともに、売り上げを還元することで果物生産者を支援するとのこと。

高級果実を手軽に楽しめる新触感フローズンフルーツ、該当エリアのラッキーな方は、ぜひ探してみて!

<概要>
『HenoHeno』ナチュラルローソン展開
商品名:『HenoHeno アーヌエヌエ』
使用果物:キウイ(国産)、りんご(国産)、いちご(国産)、デコポン(国産)、ぶどう(国産)
内容量:45g
販売価格:250円(税抜き)
販売期間:5月から3か月を予定
取り扱い店舗:港区、中央区を中心とする東京23区および横浜市内のナチュラルローソン約40店舗
※該当地域でも、一部取り扱いのない店舗あり。

※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は、発表日(2019年5月15日)現在のものです。

<参考>
フードロスを特殊冷凍技術で美味しく解決! 新食感フローズンフルーツ『HenoHeno』、東京都・横浜市のナチュラルローソンの一部で発売|デイブレイク株式会社のプレスリリース
HenoHenoがナチュラルローソンで販売されます! | デイブレイク株式会社’s Blog




japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。初めての寄席にいって楽しかったので、また行きたい今日このごろ。

LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK