休耕田を活用して酒米・梅からつくる「能登の梅酒」

春を迎え、気分浮き立つ季節。とろりと甘くも、すっきりとした味わいの梅酒はいかが。

明治2年創業、能登の酒蔵・数馬酒造(石川県鳳珠郡能登町)が醸す、能登産酒米100%の日本酒をつかった梅酒です。

竹葉 能登の梅酒
竹葉 能登の梅酒

数馬酒造は、2011年より能登産の原材料調達100%に取り組み始め、2020年の酒造りからは、日本酒造りに使用する酒米を能登産100%にすることを達成。数馬酒造の酒造りにおける原材料の米・水がすべて能登産になっているという。

世界農業遺産に認定される美しい能登の田園風景

2014年からは能登の耕作放棄地の開墾や地域資源の活用を通じた酒米づくりをスタートし、2021年に仕込んだ日本酒から、使用する全ての酒米を能登の耕作放棄地で収穫した米に切り替わっているとか。

リキュール、醤油の製造にも力を入れていて、梅酒に使用する日本酒も能登産酒米を、梅酒の梅は100%石川県産のものを使用している。2021年からは梅酒用の梅づくりも始めた。

「醸しのものづくり」で能登の魅力を高める数馬酒造
数馬酒造は、能登で唯一100%自社精米を行う酒蔵。自社精米所にて

能登の耕作放棄地を蘇らせる酒造りと聞いて飛びつきました。酒造りの物語も一緒に楽しむ能登の梅酒は、すっきりとした甘さで、コクのある味わい。あわせて素敵なリキュールグラスもお迎えしなくては…なんて、梅酒を左手に、スマホを右手にウインドウショッピングが始まってしまいました。

公式オンラインショップならびに各取り扱い店で購入可能。ぜひ、味わってみては。

<商品概要>
竹葉 能登の梅酒
1800ml 2,750円(税別)
720ml 1,500円(税別)
原材料名 梅酒(国内製造)、清酒(国内製造)、梅(能登産)、上白糖

> 竹葉 公式オンラインショップ
> Amazon 金沢の地酒ショップ カガヤ酒店(注文翌日に、東京に届きました)
> 楽天市場 石川の地酒専門店 こんちきたい

<参照>
梅も酒米も生産…東京ドーム5個分の“耕作放棄地”を蘇らせた造り酒屋の「里山を守る」取り組み
持続可能な日本酒造りへの取り組み 酒米の調達において能登産100%達成|数馬酒造株式会社のプレスリリース
【日本酒の酒蔵が取り組むSDGs】酒米の能登産100%を達成 | 数馬酒造株式会社




japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。

LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK