ポテトチップス“16道県”の地元の味、発売!

「カルビー ポテトチップス」のご当地フレーバー“16道県の味”が、2019年3月4日から数量限定・期間限定で発売中。北海道、岩手、宮城、茨城、埼玉、神奈川、石川、長野、三重、滋賀、兵庫、島根、徳島、高知、佐賀、宮崎の16道県の地元ならではの味が、ポテトチップスになって登場です。

16道県の味のポテトチップスは、各販売エリアのコンビニエンスストア・スーパーマーケット等で販売。カルビー直営店・アンテナショップ(15店舗:千歳・札幌・東京・原宿・新宿・吉祥寺・海老名・西武所沢・千葉・エキスポ・心斎橋・神戸・広島・博多・沖縄)でも順次販売予定という。商品は無くなり次第終了(4月中旬終売予定)。

さまざまなご当地グルメを知るきっかけになり、ポテトチップスで、お家にいながら全国の旅気分まで味わえそう。数量限定なので、気になる味は、急いでチェックを!

※商品名クリックで、Amazonで詳細が見られます。

「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトとは

日本のスナック菓子メーカー カルビー株式会社(東京都千代田区)では、47都道府県の“地元ならではの味”をポテトチップスで再現する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度に地元の味を再現したポテトチップスを発売しました。

2年目となる2018年度も、前年度に続き3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて、47都道府県の味のポテトチップスを順次発売しており、今回がその第3弾です。

「♥ JPN」プロジェクトは、各都道府県の県庁・市役所や地元を代表する機関・企業等の協力を得て、商品を開発する取り組み。お菓子を通して、地域で有名な名産品や知る人ぞ知る味などを全国に紹介することで、地域の食文化の発展を支え、地域に関わる人々を元気にし、さらには日本を元気にしていくことを目指すというもの。

2017年度は、47都道府県の味のポテトチップス全体で、計画比約150%の約1700万袋の売上を記録し、大ヒットとなったとか。

2018年度は、取り組みをさらに進化させ、インターネット上で募集した味案をもとに、地元との協業により、味やパッケージを決定し、開発を進めてきたという壮大なプロジェクトです。

カルビー 石川の味 『ポテトチップス ハントンライス味』

たとえば、石川の味『ポテトチップス ハントンライス味』は、インターネット上で募集した味案をもとに、石川県庁にてワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定。ハントンラインスのほか「金沢カレー味」や「治部煮味」などのアイデアもあったけれども、ポテトチップスとの相性などから、金沢発祥のオリジナル洋食である「ハントンライス味」に決定したとか。

「ハントンライス」は、ケチャップライスの上に薄焼き卵と魚のフライを乗せ、ケチャップとタルタルソースをかけた金沢発祥の洋食。料理名の由来は、ハンガリー料理からヒントを得たことから、「ハンガリー」のハンと、フランス語でマグロを意味する「トン」をあわせたと言われているなど諸説あるそう。『ポテトチップス ハントンライス味』は、ケチャップとタルタルソースの絶妙なハーモニーが楽しめるポテトチップスに仕上がったとか。おいしそう!

47都道府県の味「ポテトチップス」ラインナップ

現在、各都道府県で発売されている商品(2019年3月5日現在)

第1弾

  • 北海道:ラーメンサラダ味
  • 秋田県:いぶりがっこ味
  • 福島県:こづゆ味
  • 栃木県:いもフライ味
  • 東京都:てんぷら味
  • 福井県:山うに味
  • 岐阜県:漬物ステーキ味
  • 愛知県:台湾ラーメン味
  • 京都府:しば漬味
  • 和歌山県:和歌山ラーメン味
  • 岡山県:えびめし味
  • 山口県:チキンチキンごぼう味
  • 香川県:しっぽくうどん味
  • 福岡県:水炊き味
  • 長崎県:佐世保レモンステーキ味
  • 熊本県:熊本ラーメン味

※2018年10月29日より数量限定で発売

第2弾

  • 北海道:山わさび醤油味
  • 青森県:貝焼き味噌味
  • 山形県:芋煮カレーうどん味
  • 群馬県:焼きまんじゅう味
  • 千葉県:勝浦タンタンメン味
  • 新潟県:タレかつ味
  • 富山県:富山ブラックラーメン味
  • 山梨県:甲府鳥もつ煮味
  • 静岡県:桜えび味
  • 大阪府:紅しょうが天味
  • 奈良県:炙り柿の葉すし味
  • 鳥取県:牛骨ラーメン味
  • 広島県:ウニホーレン味
  • 愛媛県:じゃこ天味
  • 大分県:醤油香るかぼす味
  • 鹿児島県:鰹みそ味
  • 沖縄県:タコライス味

※2019年1月21日より数量限定で発売

「カルビー」社名の由来は、栄養素。

カルビー株式会社は、1949年、松尾糧食工業所を松尾糧食工業(株)として法人に改組し、広島にて設立。「カルビーキャラメル」が人気商品になったという。

1973年には、本社を東京都に移転し、社名を「カルビー(株)」に変更しています。そして、同年、パッケージに製造年月日の刻印をスナック菓子で最初に始めたのだとか。

「カルビー」という名前の由来は、カルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」を組み合わせた造語で、健康に役立つ商品づくりをめざして名づけられたそう。戦後間もない、食料事情の悪い時代に考えられたのだと思うと、ありがたいお名前です♥

<参考>
47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現。地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創第3弾“16道県の味”が、3月4日(月)から、いよいよ発売開始!|カルビー株式会社のプレスリリース
47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 石川の味 『ポテトチップス ハントンライス味』2019年3月4日(月)発売!|カルビー株式会社のプレスリリース
全国一斉❤地元の味 国民投稿|ポテトチップス|カルビー株式会社
沿革 | カルビー株式会社

投稿者プロフィール

japonism 編集長
japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。趣味は、園芸。ちいさなベランダで、金木犀などを愛でています。猫が好き。




LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK