[更新]前売券、発売! スタジオジブリの東京展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」

2019年4月20日(土)~5月12日(日)の23日間(※会期中無休)、神田明神の新文化交流館「EDOCCO」内、神田明神ホールおよびその周辺エリアにて『鈴木敏夫とジブリ展』が開催されます。

宮さんは絵を描き、僕は字を書く。

鈴木敏夫とジブリ展

「鈴木敏夫とジブリ展」は、スタジオジブリの敏腕プロデューサー鈴木敏夫氏の“言葉”に注目した展覧会。2017年の広島(筆の里工房)、2018年の名古屋(松坂屋美術館)と、金沢(金沢21世紀美術館)で開催され、好評を博した「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」を元に、さらにジブリの魅力を詰め込みバージョンアップするという。

会場には、鈴木敏夫氏が書き下ろした書やイラストをはじめ、新たな時代へのメッセージを来場者に投げかける特別企画や、本企画展の会場となる神田明神とジブリのコラボレーショングッズの販売も予定されているとのこと。

高畑勲、宮崎駿両氏と出会って40年、『風の谷のナウシカ』や『千と千尋の神隠し』、そして『風立ちぬ』、『かぐや姫の物語』まで、ジブリはどこから始まりどこへ向かうのか。鈴木氏による書やジブリ作品の資料を用いて、鈴木敏夫氏の「原点」から「今」を紹介することで、スタジオジブリの秘密に迫る本展、ジブリファンならずとも見逃すわけにはいきません!

鈴木敏夫プロフィール

撮影:荒木経惟

1948年、名古屋市生まれ。
慶応義塾大学文学部卒業後、徳間書店入社。『週刊アサヒ芸能』を経て、『アニメージュ』の創刊に参加。副編集長、編集長を務めるかたわら、「風の谷のナウシカ」「火垂るの墓」「となりのトトロ」などの高畑勲・宮崎駿作品の製作に関わる。1985年にスタジオジブリの設立に参加、1989年からスタジオジブリ専従。以後ほぼすべての劇場作品のプロデュース。現在、株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。著書に『仕事道楽 新版 スタジオジブリの現場』(岩波新書)、『ジブリの哲学―変わるものと変わらないもの―』(岩波書店)、『風に吹かれて』(中央公論新社)、『ジブリの仲間たち』(新潮新書)、『ジブリの文学』(岩波書店)、『人生は単なる空騒ぎ―言葉の魔法―』(KADOKAWA)、『禅とジブリ』(淡交社)、『南の国のカンヤダ』(小学館)などがある。

前売券、販売スタート!

※2019年2月13日追記

前売券の販売が、2019年2月10日(日)より、ローソンチケット、イープラス、アニメイト(一部店舗のみ)にてスタート!

映画「千と千尋の神隠し」でおなじみのキャラクター、湯婆婆のイラストが描かれたオリジナルメモ帳の引換券がついた、「特典付前売券」 も数量限定で販売されます。特典は、観覧当日に、展覧会の会場内にて開館時間内に「引換券」と交換とのこと。

さらに、3月10日(日)より、「本展覧会」と「三鷹の森ジブリ美術館」との「セット券」の販売も予定されているとか。詳細は近日、特設サイト他にて告知。

<開催概要>
名称:鈴木敏夫とジブリ展
会場:神田明神 文化交流館「EDOCCO」内 神田明神ホール <御茶ノ水駅 徒歩5分/秋葉原駅 徒歩7分>
会期:2019年4月20日(土) ~ 5月12日(日)※会期中無休
時間:10:00~18:00 (最終入場17:30)※営業時間は今後変更になる可能性あり。
主催:株式会社乃村工藝社
特別協力:株式会社スタジオジブリ
問い合わせ:ghibli-suzuki@nomura-g.jp (一般問い合わせ用窓口)

チケット発売日:2019年2月10日(日)
– 取扱いプレイガイド:ローソンチケット(Lコード36666:ローソン・ミニストップ)、イープラス(ファミリーマート)、アニメイト(※特典付前売券の販売はなし)
– チケット金額:
 特典付前売券:大人1,300円
 前売券(特典なし):大人1,200円、中高生800円、小学生600円
 当日券:大人1,300円、中高生800円、小学生600円

ジブリ関連情報①:三鷹の森ジブリ美術館に行きました!

ジブリ関連情報②:おススメ!DVD『「もののけ姫」はこうして生まれた。』

宮崎駿監督のものすごいものづくりの現場と、鈴木敏夫さんの知恵としゃべりに引き込まれます。糸井重里さんとのコピーワークのメイキングシーンもあります。

「もののけ姫」はこうして生まれた。 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
¥4,027

Amazonで詳細を見る

<参考>
スタジオジブリ約3年ぶりの東京展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」開催決定!|「鈴木敏夫とジブリ展」東京会場実行委員会のプレスリリース
スタジオジブリ約3年ぶりの東京展覧会が開催! 鈴木敏夫とジブリ展
<鈴木敏夫とジブリ展> 2月10日(日)より前売券販売スタート!湯婆婆(ゆばーば)のオリジナルメモ帳付前売券が数量限定で登場|「鈴木敏夫とジブリ展」東京会場実行委員会のプレスリリース

投稿者プロフィール

ジャポニズム編集長
ジャポニズム編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。
着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。趣味は、園芸。ちいさなベランダで、金木犀などを愛でています。猫が好き。




LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK