「吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」国立新美術館にて特別公開

東京2020オリンピックの聖火リレートーチをデザインしたデザイナー ・吉岡徳仁氏による「吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」が、国立新美術館 正面入口前にて、2019年4月17日(水)から2021年5月10日(月)まで特別公開されます。

国立新美術館 特別公開 「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」

「吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」は、2011年の第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展にて発表し、2015年には京都の将軍塚青龍殿の大舞台で披露され話題に。

国立新美術館では屋外に設置され、自然光のもとで変化する表情が楽しめます。

あわせて、パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ「Water Block」も展示されます。

ガラスの茶室が、雨や、雪景色のなかで、どのような佇まいを見せてくれるのか。 そして、屋外での経年変化とどう向き合うのか。 四季折々の姿に会いに、でかけてしまいそう。

吉岡徳仁(よしおか・とくじん)プロフィール

デザイナー / アーティスト
1967年生まれ。2000年吉岡徳仁デザイン事務所を設立。デザインや建築、現代美術の領域において活動している。自然をテーマに表現された作品は、国際的に高く評価されており、東京2020オリンピック 聖火リレートーチもデザインしている。作品はニューヨーク近代美術館(アメリカ)、ポンピドゥー・センター (フランス)、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(イギリス)など、世界の主要美術館に永久所蔵されている。
国際的なアワードを多数受賞、アメリカNewsweek誌による「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれている。

<特別公開概要>
期間:2019年4月17日(水) – 2021年5月10日(月)
観覧料:無料
会場:国立新美術館 正面入口前(東京・六本木)
開館時間:美術館の開館時間に準ずる
休館日:毎週火曜日(祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
企画:株式会社吉岡徳仁デザイン事務所
協賛:NTT都市開発株式会社

<参考>
国立新美術館 特別公開 「吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」|株式会社TYDのプレスリリース

投稿者プロフィール

japonism 編集長
japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。趣味は、園芸。ちいさなベランダで、金木犀などを愛でています。猫が好き。




LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK