幸楽苑「令和紅白らーめん」期間限定で登場

幸楽苑「令和紅白らーめん」期間限定で登場

1954年創業のらーめんチェーン・幸楽苑より、2019年5月1日(水)の新元号「令和」開始を祝した「令和紅白らーめん」が登場。幸楽苑全店(509店舗)にて、4月26日から5月13日までの期間限定で提供されます。

「令和紅白らーめん」は、約30年の歴史に幕を閉じる平成への謝意と、新天皇即位および、新たに始まる「令和」を祝して、幸楽苑不動の人気NO.1のさっぱり醤油味の中華そばに、お祝い事には欠かせない紅白のスライス餅と、お祝いの文字を印字した海苔を添えた限定中華そば。

幸楽苑は、1954年(昭和29年)創業者・新井田司 氏が、幸楽苑の前身となる「味よし食堂」を会津若松市にて開業。その後、東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)に、現会長である新井田傳 氏が上京し「幸楽飯店」で修行。その修行を終えたときに贈られた「幸楽」の名が、現在の社名の由来だとか。

老舗ラーメンチェーンのお祝いラーメンで、昭和、平成を振り返りながら、新しい令和の幕開けを味わってみては。

新しい「令和」の時代が、幸せで、楽しい日々となりますように。

<商品概要>
令和紅白らーめん
金額:580円(税込)
販売期間:2019年4月26日(金)~5月13日(月)
販売店舗:幸楽苑 全店(509店舗)

<参考>
新時代突入を記念して、幸楽苑よりお祝いらーめん登場『令和紅白らーめん』4月26日(金)期間限定発売|株式会社幸楽苑ホールディングスのプレスリリース
株式会社幸楽苑ホールディングス

投稿者プロフィール

japonism 編集長
japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。趣味は、園芸。ちいさなベランダで、金木犀などを愛でています。猫が好き。




LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK