京都府主催「DIALOGUE」2019、工芸を“未来志向”のものづくりへ

京都府主催「DIALOGUE」2019、工芸を“未来志向”のものづくりへ

京都を拠点に「工芸を“未来志向”のものづくりへ」というキーワードのもと、手しごとを中心としたものづくりの新しい在り方を探っていくためのプロジェクト “KOUGEI NOW”。

作品や作り手との “DIALOGUE”(=対話)を通して、工芸の未来を考える場を創造していこうという展示販売会が、2018年3月に続き、2019年3月に開催されることが発表されました。

KOUGEI NOW 2019 Kyoto Crafts Exhibition “DIALOGUE”

2019年も「ホテル カンラ 京都」(京都市下京区)の客室を会場に、京都を中心に全国から伝統的な背景を持つ作り手の商品が集まります。

「旅と工芸」をテーマに開催された前回は、岡山県の老舗デニムブランド「Bobson」、「呼吸する備前焼」プロジェクト、金継工房リウム、「石川漆工房」によるプロジェクト「URUS.(ウルス)」などが出展。

kougeinowさん(@kougeinow)がシェアした投稿

会場となるホテル カンラ 京都は、京都 東本願寺北の築23年の教育施設をコンバージョン(改築)し、2010年秋に誕生。既存の構造を活かしながら、京都の伝統的な住宅形式の町家を表現した、細長い‘マチヤスタイル’のデザインが特徴のモダンなホテルです。

ホテルカンラ京都

客室など「ホテル カンラ 京都」の写真をもっと見る> Booking.comへ

2019年度の出展者の募集は、2018年9月1日からスタート。どんな作り手たちが集うのか楽しみです。

<イベント概要>
KOUGEI NOW 2019 Kyoto Crafts Exhibition “DIALOGUE”
開催日:2019年3月7日~3月9日
会場:ホテル カンラ 京都
住所:京都市下京区烏丸通六条下る北町190
主催:京都府
共催:京都リサーチパーク株式会社 / ホテル カンラ 京都

<参考>
KOUGEI NOW 2019 Kyoto Crafts Exhibition “DIALOGUE”ホテル カンラ 京都にて、2019年3月に開催決定! |KRPのプレスリリース




LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK