歌舞伎“隈取”の醤油皿が、ヴィレヴァン通販に登場

日本の伝統芸能「歌舞伎」。その歌舞伎の象徴とも言える“隈取”が「醤油皿」となって、遊べる本屋こと「ヴィレッジヴァンガード」(愛知県名古屋市)の公式雑貨通販サイトに登場。

歌舞伎特有の化粧法「隈取」は、人物の役割や感情を表現するための、顔の筋肉や血管を強調した化粧法。役柄によって使われる色が決まっているそう。

<色の描き分け>
[赤色]・・・正義や勇気を表し、善を意味します。
[青色]・・・冷酷さを表し悪を意味していて、敵役に用いられます。
[茶色]・・・鬼や妖怪など、人間ではない役に使われます。

歌舞伎のメイク『隈取』について、化粧師の島田さん、教えて! – OZmall

「隈取」が使われる舞台は主に、歌舞伎を娯楽として楽しんだ江戸時代に起こった出来事を昔の時代に書き替えて描く「時代物(じだいもの)」の演目で、その柄は100通りぐらいあるのだとか。

今回、その100通りもの隈取の種類のなかから、6種類がラインナップ。醤油を注ぐと、歌舞伎の隈取が浮かび上がります。

隈取「奴」

一本隈

一本隈

二本隈

隈取「二本隈」

筋隈

歌舞伎隈取「筋隈」

むきみ隈

歌舞伎隈取「むきみ隈」

猿隈

歌舞伎隈取「猿隈」

海外へのお土産にも喜ばれそう!

<商品情報>
醤油を注ぐと絵柄が浮かび上がる醤油皿
サイズ:約H19×Φ90mm
主な素材:磁器 
価格:486 円(税込)
販売ページ:https://vvstore.jp/feature/detail/11745/?utm_source=press

※「歌舞伎R」は松竹株式会社の登録商標です。

<参考>
【歌舞伎×醤油皿】醤油を注ぐと顔が現れるお皿がヴィレヴァン通販で取扱いスタート!|ヴィレッジヴァンガードのプレスリリース
歌舞伎のメイク『隈取』について、化粧師の島田さん、教えて! – OZmall
歌舞伎事典:隈取|文化デジタルライブラリー

投稿者プロフィール

japonism 編集長
japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。趣味は、園芸。ちいさなベランダで、金木犀などを愛でています。猫が好き。




LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK