金の水引で金運も上がりそう! 2021年 『AKOMEYA TOKYO』の正月飾り

新年のお飾り、今年はどんなものにしようかな。あれこれ見て考えるのは楽しいですね。

今日は、「お米」がキーワードのライフスタイルショップ『AKOMEYA TOKYO』のお飾りをご紹介します。

めでたや 和紙飾り

AKOMEYA TOKYO めでたや 和紙飾り 2021年

平安時代から続く和紙の産地・山梨県市川三郷町で作成する「大直」が手がける「めでたや」の和紙飾り。徳川幕府の御用紙として献上されていた歴史をもつ和紙で作られた迎春飾りです。新年の福をもたらす年神さまが迷わないよう門や戸口へ、結界や魔除けとして部屋、お手洗い、台所などに。
 
¥1,200~

TIER 金の水引しめ飾り

水引アーティスト長浦ちえさんによる水引ブランド「TIER」のAKOMEYA TOKYO特注迎春飾り。絢爛豪華な金の水引を使って結われた水引飾りは、小さくても存在感大。さらりとおしゃれに飾って。

 小 ¥1,600/中 ¥2,600/大 ¥5,000

麻のお飾り (梅・ 橙)

麻の茎から繊維質を取り出して作られた糸、麻苧(あさお)を使って作られたお正月飾り。穢れをはらう神聖なものとして、古くから神事に用いられてきたという麻苧を紅白で彩り、縁起よく。AKOMEYA TOKYO限定アイテム。

麻のお飾り (梅・ 橙) 各 ¥1,800

瀬戸焼干支人形 丑 

2021年の干支「丑」にちなんだ、「赤べこ」の人形。赤べこは福島県会津地方の郷土玩具で、魔除けとして使われており、平安時代に流行した疫病を払った赤い牛の伝説や、赤べこを持っていた子は病気にかからなかったという伝説もあるとか。 

¥3,500

お飾りは、2020年11月20日より販売中。在庫が少なくなっているアイテムもあるようなので気になる方は急いでチェックを。12月1日からは、福袋の予約もスタート。

※価格はすべて税別

<関連リンク>
■公式ページ(オンラインショップ)
福よ来い来い、お正月:https://www.akomeya.jp/shop/pg/1oshogatsu/
2021年福袋:https://www.akomeya.jp/shop/pg/1fukubukuro2021/

■店舗情報
https://www.akomeya.jp/store_info/store/list.aspx

<参考>
11月20日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「福よ来い来い、お正月」。福袋は12月1日(火)から予約開始。|株式会社サザビーリーグのプレスリリース




japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。初めての寄席にいって楽しかったので、また行きたい今日このごろ。

LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK