サブスクではじめる、アートのある暮らし。月額1,980円からレンタルできる「Casie」

アートのサブスクリプションサービスの利用を始めました。ステイホームな今日この頃、アートを一点飾るだけで、がらりと雰囲気が変わって気分も華やぎます。

一点ものの現代アートを、月額1,980円からレンタルできるアートのサブスクサービス「Casie(カシエ)」をご紹介します。

アートのサブスクサービス「Casie(カシエ)」

現代アートのサブスク「Casie(カシエ)」

Casieは、2017年3月設立の株式会社Casie(京都市下京区)が運営する現代アートのサブスクリプションサービス。月額定額制で、一点もののアート作品をレンタル提供しています。

当社の代表取締役社長CEO 藤本 翔さんは、画家だった亡父が、作品発表の機会を満足に得られず苦労された姿を見て育ったのだそう。そんな才能ある画家が、経済的理由で創作活動を断念することがないよう、新しいアートの流通システムとしてCasieのサービスを考案したのだとか。

月額料金は、作品の大きさに準じて3タイプあります。

  • ライトプラン:月額料金 1,980円(税別)
    サイズ目安 2号(24cm×19cm)
    作品交換時に交換手数料(800円税別/回)が別途必要。作品交換の頻度は最大毎月1回。
  • レギュラープラン:月額料金 2,980円(税別)
    サイズ目安 8号(41cm×32cm)
    作品交換時に交換手数料(1,500円税別/回)が別途必要。作品交換の頻度は最大毎月1回。
  • プレミアムプラン:月額料金 5,300円(税別)
    サイズ目安 12号(60cm×50cm)
    作品交換時に交換手数料(2,500円税別/回)が別途必要。作品交換の頻度は最大毎月1回。

2020年12月現在、約700人ものアーティストがCasieに登録しています。たくさんの作品の中から、どれにしようかと選ぶのは楽しい時間ですが、迷い始めると一日中リストとにらめっこで決められない…そんな可能性もありそう。

そんなときには、ぜひCasie公式サイトにある「アート診断」をお試しあれ。いくつかの質問に答えていくと、おすすめの作品をレコメンドしてくれるので、選ぶヒントがみつかります。

新規登録限定で、以下の3つの初回特典があるようです。

  1. 往復送料無料
  2. いつでも解約OK
  3. 補償プラン加入済(作品損傷時の補償負担なし)

ちなみに、新規登録者でなく作品を破損した場合は、1万円を上限に弁償料が発生しますので、作品は大切に扱いませう。

万が一、貸出し中に、盗難、災害等含む如何なる理由でも、作品が破損、紛失した場合には、最大で、貸出時に設定されている作品の販売価格の支払い義務が当該ご契約者には生じます。 ただし、全てのプラン料金には補償料金が含まれており、弁償上限金額は1万円までとなります。また、ご契約者にはこの補償料の支払いを義務付けています。
なお、アート作品の弁償上限設定を適用するためには、ご契約者は、作品を実際に設置した場所を、設置した時点で写真に撮り、 その様子の記録を保管しておく必要があります。

ご利用規約|絵画レンタルCasie 〜かしえ〜

[体験談]出会いはインスタグラムのモニター投稿

私とCasieの出会いは、Instagram(インスタグラム)でした。インスタで、私の趣味であるところの、素敵な家アカさんパトロールをしていた際に、とある素敵なお部屋のアカウントで「Casieさんから、モニター体験の声をかけてもらった」ということで、Casieのアートレンタルを紹介している投稿を、たまたま拝見したのです。

それはちょうど、お部屋に素敵なアートを飾りたいと思いつつ、なかなかこれはというものが見つからず、アートなんてものはやっぱり気長に出会いを待つしかないのかなぁ。そもそも、感性とも、お財布事情とも相性の良いアートなんて、どこに行けば出会えるんじゃ!と、恋人募集中の若者のような気分になっていたときでした。

そんなにお高いものを買えるわけではないが、気持ちとしては、ポスターというより、アートなんだよなあ。でも、アート初心者の私が、いきなり作品を購入しようとするのはやっぱりハードルが高い。作家さんとの出会いや、自分の嗜好性を知るためにも、いろいろな作品をレンタルして味わってみるというのはアリだなと感じ、チャレンジしてみることにしました。

選んだのは、月額2,980円のレギュラープラン。利用し始めたばかりではありますが、サービスも運用も使い勝手よく、気持ちの良いサービスです。

特によかったと思うポイントを挙げてみます。

  • わかりやすい
    サイトが分かりやすく直感的に操作できる。申込から作品が届くまでの一連の流れ(案内文言含め)がシンプルで良い。
  • 申し込んだらすぐ作品が届いた
    申し込んだ翌日には、「配送準備が整いました」とのメール連絡あり。申込から5日後には、手元に届いてました。
  • ジャストサイズの専用ボックスに梱包されてきたので、返送も楽そう
  • 作品とあわせて、専用のピンもついている
    飾り方のガイダンス冊子と専用ピンがついてくる
  • 勝手に、アーティストを応援している気分が味わえる
    利用者のレンタル料の一部が作家へ還元されるシステムということで、利用することでアーティスト活動の応援になっているんだなと感じられることも素敵な体験です。
  • 作品を交換できる
    次はどんなのにしようかなと今から楽しみ!

所有(購入)しなくても体験の楽しみを提供してくれるサブスク。上手に活用して、新しい出会いを楽しんでみては。

<サービス概要>
月額1980円から始められる現代アートのサブスクリプションサービス「Casie(カシエ)」
https://casie.jp/
*2020年12月25日より、アーティストのプロフィールが同梱された唯一無二の世界各国の風景絵画が自宅に届く体験BOX提供開始。詳しくは特設ページへ
https://casie.jp/world-lp

ちなみに、器のサブスクもやってまーす。

※記事内のイメージは、株式会社Casieのプレスリリース素材です。

<参照>
【現代アートのサブスク】”おうちにいながら世界を旅しよう”至極のアート体験BOXが登場!|株式会社Casieのプレスリリース
お部屋にアートを飾り放題。アートのサブスクサービス誕生!|株式会社Casieのプレスリリース




japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。初めての寄席にいって楽しかったので、また行きたい今日このごろ。

LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK