コマーシャル・ギャラリー「下北沢アーツ」開店

再開発が進む東京・下北沢。名物・スズナリ劇場のほど近く、茶沢通り沿いに“シモキタらしさ”漂うアートギャラリー「下北沢アーツ」(東京都世田谷区)が2022年4月1日オープンする。

下北沢アーツ外観_1
1階ガラス張りのギャラリーは街の空気も取り込むようなオープンな空間

下北沢アーツは、お洒落で気取らない街、下北沢に似合う、若手現代アーティストを中心とした作品を紹介・販売するコマーシャル・ギャラリー。いつもの散歩や買い物ついでに普段着でもふらりと気軽にアートを楽しめる場を目指すという。

オープニング展示は、次世代を担う若手作家のための歴史ある公募展「シェル美術賞2021」グランプリを受賞した福原優太による初個展「ガーデン」。福原の祖母の庭から始まった、福原が描く東京の「庭」大小約15点の油彩画が並ぶ。

福原優太「ガーデン」展示風景_1
福原優太「ガーデン」展示風景_2

福原優太 (ふくはら ゆうた) プロフィール

1997年 東京都生まれ
2020年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻卒業
2021年 シェル美術賞2021グランプリ受賞

<店舗概要>
下北沢アーツ
所在地:〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-40-9-1F
小田急小田原線 / 京王井の頭線 下北沢駅東口より徒歩4分
代表者:鈴木 裕子
TEL:03-6804-7636
URL:https://shimokitazawaarts.tokyo

<展覧会概要>
福原優太個展「ガーデン」
開催日時:2022年4月1日(金)-5月8日(日)
営業時間:13:00-19:00
休廊日:4/5-7、12-14、19-21、26-28、5/2、6
*オープニング・レセプション:4月1日(金) 18:00-20:00

<参照>
【開店】若手現代アーティストの作品を中心に紹介するコマーシャル・ギャラリー「下北沢アーツ」が下北沢に4月1日(金)オープン。|下北沢アーツのプレスリリース




japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。

LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK