[タネコラム]縁がある。

「縁(えん)がある」というのを、なんとなく肌感覚で信じている。

「人」についてはもちろんなのだけれども、「席」や「場所」なんかにも縁を感じる。

「同じ席の法則」と名付けているのだが、飲食店に行った際、前回来たときと同じ席に通される、もしくは同じ席しか空いていないので、結果、毎回同じ席に座るという現象が頻発する。「この席に、縁があるなあ」と思う。飲食店業界的に、こういうペルソナの客はこの席、とか決まっているのかしらん。

連休を利用した小旅行の計画をしているとする。目的地の候補はいくつかある。でも、宿が予約できなかったりして他候補は脱落し、結局、行ったことのある温泉地に決まったりする。「この場所に、縁があるんだなあ」と思う。そして愛着がわく。

向こうに選ばれたとでもいうような、そんな気分になる。

縁ってあったかい。くされ縁、なんて言ったりもするけれどね。

たくさんの縁に助けてもらって、生かされているんだなあ。唐突にそんなことを思ったりする。

師走だからかな。みなさま、大変なときですが、どうぞご自愛くださいませ。

草津温泉 湯畑
あったまろう




japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。初めての寄席にいって楽しかったので、また行きたい今日このごろ。

LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK