[書籍紹介]たんすの着物をおしゃれに活用!『毎日着られる 着物リメイク』

祖母のかたみの着物や、若いころに愛用していた浴衣など、大切な思い出とともにたんすに仕舞ってある着物の数々。ときどき引っ張り出しては、ためつすがめつ眺めて、また仕舞う。そんな所作を、なんど繰り返してきたことでしょう。

着物リメイクという手もあるか…と不器用ながら思いつつ、これといって素敵なアイデアもなく。たんすに眠る正絹の着物たち、ファブリックとしては一級品なのに……着物ラバー(愛好者)の方ならおそらく共感してもらえるであろう、この悶々とした思い。

そんな悩める“着物ラバーあるある”に、もしかしたら光明が差すかも……! おしゃれな着物リメイクのデザイン満載の書籍をご紹介します。

「着物としてはもう着ないけれど、捨てるのはもったいない……。」それなら、リメイクして新しいお気に入りに仕上げましょう! という『毎日着られる 着物リメイク』(2020年10月15日発売)です。

著者は、株式会社コムデギャルソンでのパタンナー等を経て独立した志水美香(しみず・みか)さん。天然素材の草木染めや、日本の布を使用しがオリジナル作品制作やオーダーメイドを手掛けているそう。

本書では、正絹の小紋や紬を、おしゃれ着に、洗濯できる木綿や麻、浴衣は、夏のおしゃれ着や普段着にと、着物ならではの質感や素材を生かしたアイテムを提案。反物の細長い形はそのまま型紙を使わない直裁ちで、まっすぐ縫いでリメイクできるデザインで、簡単に縫えるのもポイント高いです。

ジレやロングブラウスに、リボンでウエストをしぼったワンピース、ブラウスやジャケット、ゴムのギャザースカートやパンツなど、デザインも豊富にラインナップ。

後ろリボンのブラウス(綸子、梅小紋の着物から)と、カシュクールパンツ(木綿の着物から)
コート(男性用の麻の着物から)

少しの用尺でできる、お弁当包みやエコバッグなどの小物もあり、私のような、お裁縫・ソーイングは苦手意識がという者でも、できるかもとも思わせてくれます。

お弁当包み(表地は久留米絣、裏地は浴衣から)、エコバッグ(木綿と浴衣から)

着物の種類、直裁ちの方法から手縫いの基礎まで、写真と図解で丁寧に解説してくれる着物リメイクの基礎知識も。

リメイクといってもいまひとつぴんとこないという方でも、こんなおしゃれなデザインならいかがでしょう?

本書の目次

○着物をリメイクする前に
A 後ろリボンのブラウス
B カシュクールパンツ
C エプロンドレス
D Vネックワンピース
E 前タックワンピース
F クラッチバッグ
G カシュクールワンピース
H ロングジレ
I エプロンスカート
J カフス袖のブラウス
K シャツワンピース
L お仕覆風ポーチ
M マスク
N お弁当包み
O エコバッグ
P リボンワンピース
Q ネック片身変わりブラウス
R リボントップスとタイトスカートのセットアップ
S コート
T 巻きギャザースカート
U 前フリルスカート
V クルーネックジャケット
W 巻きスカート
X タイトスカート
Y 甚平
Z 割烹着
○着物リメイクの基礎知識
○HOW TO MAKE

著者プロフィール

志水美香(しみず・みか)
文化服装学院服飾専攻科 デザイン専攻卒業後、株式会社コムデギャルソンにパタンナーとして入社。その他のアパレル会社勤務を経て10年で独立。屋号『晴ル屋』(ハレルヤ)として、フリーランスのパタンナーを中心に活動するかたわら、オリジナル作品制作やオーダーメイドを手掛ける。オリジナルでは、天然素材の草木染めや、日本の布を使用し、心と身体に優しい手作りを心がけている。
インスタグラム @hareruya_tezukuriya
手作りネットショップ https://www.creema.jp/c/hareruya

<書籍概要>
『毎日着られる 着物リメイク』
著者:志水美香
定価:本体1,500円+税
判型:B5変型判
頁数:80P
出版社:日本文芸社
発売日:2020年10月15日
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

<参照>
「着物としてはもう着ないけれど、捨てるのはもったいない……。」それなら、リメイクして新しいお気に入りに仕上げましょう!『毎日着られる 着物リメイク』10月15日発売|株式会社日本文芸社のプレスリリース




japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。初めての寄席にいって楽しかったので、また行きたい今日このごろ。

LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK