[書籍紹介]日本茶を楽しむテーブルコーデに、抹茶の点て方も『お茶と和菓子のテーブル12カ月』

元旦には縁起物の大福茶、春は桜とともに手軽に用意できる和菓子と抹茶でお花見気分、お月見にはうさぎモチーフの和菓子と香ばしい釜炒り茶を。

今回ご紹介するのは、そんな四季折々の行事に合わせてしつらえた、お茶とお菓子でもてなすテーブルコーディネートや器のヒント、抹茶の点て方など、日本茶・抹茶を楽しみ方が詰まった一冊。

2019年4月9日に誠文堂新光社より刊行となる『お茶と和菓子のテーブル12カ月』(浜 裕子・著)です。

12カ月の食卓演出36例に加え、季節や行事などにこだわらず楽しめるテーブルコーディネートや本格的なお茶会の様子も。

大福茶で晴れやかに元旦を迎えるテーブルコーディネート

友人と、おうちで楽しむ抹茶とお菓子のお花見テーブルコーディネート

いただいた手土産を引き立たせるテーブルコーディネート

目次抜粋

日本茶のテーブルコーディネートの基本
1月 大福茶で晴れやかに元旦を迎える、お稽古はじめのお茶会で新年のごあいさつ
4月 桜の木の下 特等席で春欄満の花見、花より団子派の友人と抹茶をもっとカジュアルに
8月 お手製のかき氷を楽しむお茶会、お盆の帰省やごあいさつ時に気のきいた手土産で
いつでも楽しめるお茶と和菓子のテーブルコーディネート
はじめてのお茶会 基本のお作法 ほか

著者プロフィール:浜 裕子(はま・ゆうこ)

フラワー・インテリア・テーブルコーディネートをはじめ、食空間プロデュースを幅広く手掛けている。近年は、和の歳時記、日本の生活文化を研究し、和と洋の融合、和の精神性の高いデザインをテーマにしたライフスタイル提案に取り組む。花のある暮らし、生活空間をアートすることをコンセプトに、食空間プロデュース会社「花生活空間」を設立。自宅アトリエにてテーブルコーディネート教室を開催するほか、セミナー、講演、執筆、TVなどで活躍。『おもてなしのテーブルセッティング七十二候』(誠文堂新光社刊)等、著書多数。NPO法人食空間コーディネート協会理事。

<書籍概要>
書名:お茶と和菓子のテーブル12カ月—煎茶から抹茶まで。和モダンで提案するテーブルコーディネート
著者:浜 裕子
仕様:B5判、144ページ
定価:本体2,200円+税
配本日:2019年4月9日(火)
出版社 : 誠文堂新光社
Amazonで詳細を見る

※本書は、2014年1月に誠文堂新光社より刊行された『お茶と和菓子のテーブルセッティング』の増補改訂です。

<参考>
「日本茶」の魅力が満載 * 歳時記や季節の行事をテーマに楽しめる、テーブルコーディネートを紹介!|株式会社誠文堂新光社のプレスリリース

投稿者プロフィール

japonism 編集長
japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。趣味は、園芸。ちいさなベランダで、金木犀などを愛でています。猫が好き。




LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK