静岡の家具屋の展示会「静岡の森林(もり)からはじまる仕事展」開催

静岡県産の家具の展示会「静岡の森林(もり)からはじまる仕事展」が、2019年4月16日から4月21日まで、静岡県立美術館にて開催されます。


2年に一度「静岡木組みの会」として開催されてきた本企画展。今年は、“静岡の家具屋 ” 森下木工所(静岡市駿河区)を中心に、ヒノキクラフト(静岡市葵区)、玉川きこり社(静岡市葵区)との共同開催で、静岡の豊かな森林からうまれる家具の文化や技術に触れる展示に。

県土の3分の2を占めるという静岡の森林を守る“きこり”と、そのきこりが切り出したオクシズ材のヒノキ家具。そして、家康公の隠居所として駿府城や静岡浅間神社を造った職人たちが根付いて広めたといわれる駿河指物の技術を今に伝える職人と、その職人の技で指物の家具。静岡の森林と、そこで働く職人たちの仕事展です。

展示会「静岡の森林(もり)からはじまる仕事展」

会場では、写真家・杉山雅彦氏による『シズオカのはたらく人たち』も同時展示。ほぼ合成なしの撮影方法で創られた躍動感あふれる“日本アニメの一場面のように劇的すぎるジャパニメーションフォト(引用: Photo Studio Peace 写真家 杉山雅彦 ジャパニメーションフォト)”の世界観を楽しんで。

「森下木工所」について

創業1946年。「末永く愛される家具造り」を信条として、静岡の伝統的な指物技術で家具製造を行うファクトリーメーカー。丸太で購入した国産広葉樹材を自社工場にて、高い指物技術と、一職人が材料の選定から木地製作、最後の仕込みまでを担当する「一貫製作」を守りながら、MADE IN 『SIZUOKA』の商品を提供している。

「ヒノキクラフト」について

日本檜の無垢家具の製造販売。玉川きこり社のヒノキを製品に加工し、子供向けの学習机や、ランドセルラックシリーズ(2016年ウッドデザイン賞受賞)などを製造。猫好きの職人がつくる猫のための手作り家具や、ランドセルのリメイクスツールなども手掛ける。

「玉川きこり社」について

林業を生業にしたいと、2014年に起業。林業を中心に、デザイン・企画プロモーションや、地域活性化にも力を注ぐ。本展のDMは、当社による制作。

<開催概要>
静岡の森林(もり)からはじまる仕事展
期間:2019年4月16日(火)~4月21日(日) 10:00~17:30(入館は17:00まで)
場所:静岡県立美術館 県民ギャラリーA室 静岡市駿河区谷田53-2
料金:無料
主催:静岡木組みの会(森下木工所・ヒノキクラフト・玉川きこり社)
後援:静岡市、静岡新聞社・静岡放送
協賛:DOMO

<参考>
静岡の家具屋、森下木工所 静岡県立美術館で展示会「静岡の森林(もり)からはじまる仕事展」2019年4月16日(火)から4月21日(日)まで|株式会社森下木工所のプレスリリース

投稿者プロフィール

japonism 編集長
japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。趣味は、園芸。ちいさなベランダで、金木犀などを愛でています。猫が好き。




LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK