「ジブリパーク」22年11月1日に開園決定!

スタジオジブリがプロデュースする「ジブリパーク」が、2022年11月1日に愛知県に開園することが、1月27日に開催されたメディア向け発表会にて発表されました。

ジブリパークは、愛知県の県営都市公園「愛・地球博記念公園」(愛知県長久手市)内に開業する公園施設。全5エリア(ジブリの大倉庫/青春の丘/どんどこ森/もののけの里/魔女の谷)からなる構想で、2022年11月の開園時はそのうち3エリア(ジブリの大倉庫/青春の丘/どんどこ森)が先行開業し、全面開業はおおむね一年後を目指すという。入場は、日時指定の事前予約制になる模様です。

先行開業の3エリアはこちら!

ジブリの大倉庫

かつて温水プールだった施設の大空間に、『借りぐらしのアリエッティ』に登場するアリエッティとその家族が暮らす家や、彼女たちの目線でみた植物を大きなセットで再現。『天空の城ラピュタ』の廃墟となったラピュタの庭園を再現した「天空の庭」や、空飛ぶ巨大な船を全長およそ6mのスケールで設置。子どもたちが映画『となりのトトロ』の世界で遊べる部屋も準備されているそう。広さはなんと、三鷹の森ジブリ美術館(東京都三鷹市)の約3倍!

© 2022 Studio Ghibli

青春の丘

『耳をすませば』より「地球屋」、その玄関前にはロータリー広場を再現しています。また、『猫の恩返し』から「猫の事務所」を猫サイズの木造平屋建てで再現し、家具や小物をミニチュアサイズで制作。

© 2022 Studio Ghibli

どんどこ森

「どんどこ森」は『となりのトトロ』の「サツキとメイの家」を中心とした昭和の田園景観をイメージとしたエリア。裏山に「どんどこ堂」と呼ばれる木製遊具が新たに誕生する予定。

© Studio Ghibli

メディア発表会では、スタジオジブリが初めて制作した観光動画「風になって、遊ぼう。」もあわせて発表されました。愛知県の観光名所を少女が巡る映像作品で、愛・地球博記念公園内の展示施設「サツキとメイの家」も登場します。

監督 中川龍太郎/映像ディレクター Ussiy/音楽 岩崎太整/プロデューサー 石井明彦/制作 スタジオジブリ/製作 愛知県

映像は、ジブリ映画がそのまま実写映像になった世界観。ジブリファンの私めは映像を見ながら、もうドキがムネムネ。開園が待ち遠しい!

<参照>
「ジブリパーク」 2022年11月1日開園が決定!建設途中のエリアを初公開、スタジオジブリ初制作の観光動画も。「ジブリパーク」に関するメディア向け発表会を開催しました。|愛知県のプレスリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000161.000045082.html
愛知県 ジブリパーク推進課
https://www.pref.aichi.jp/ghibli-park/
「ジブリパーク」11月開業へ 初公開 「青春の丘」や「大倉庫」:朝日新聞デジタル
https://digital.asahi.com/articles/ASQ1W622YQ1TOIPE00R.html




japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。

LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK