日本茶の新ブランド「美濃加茂茶舗」ショップオープン! お茶のおいしい入れ方も

日本茶の新ブランド「美濃加茂茶舗」ショップオープン! お茶のおいしい入れ方も

岐阜県美濃地方に残る茶葉と器の文化を受け継いだ日本茶ブランド「美濃加茂茶舗」の店舗(岐阜県美濃加茂市)とネットショップが、2019年2月5日にオープン。

美濃地方の厳しい自然条件で育った茶葉を贅沢に使い、こだわり抜いた製法で美濃加茂茶舗独自の味に仕上げたオリジナルブレンドの茶葉と、茶葉に合う器、和菓子を取り扱う予定で、店舗では美濃焼の茶器を使用し、日本茶インストラクターがそれぞれの茶葉に合った方法でお淹れたお茶が楽しめるとか。

テイクアウトメニューは、緑茶、煎茶、ほうじ茶に加え、各種ラテなど見た目も楽しめるドリンク、土日限定のイートインメニューは自分でお茶を淹れながら一息つけるセットメニューがラインナップ。

サイドメニューとして、老舗和菓子屋「みのかも金蝶堂」とのコラボレーションで誕生した、
美濃加茂産の米粉と餅粉のブレンド生地使用のどらやき「もちどら」を販売。米粉ならではのもちもち食感が特徴的な皮と餡が別売で、自分で盛り付けるタイプ。2019年3月以降、店舗内でも日本茶とセットのイートインメニューも販売予定とのこと。

※画像は盛り付け例。

美濃加茂茶舗が生まれた美濃地方は、千利休、古田織部に代表される茶の湯の文化の隆盛とともに、彼らの指導のもと美濃焼が茶碗の一大ブランド産地に。中山道の宿場町であった美濃加茂は、そうした美濃のお茶や陶器など産業の流通拠点だったという。

美濃加茂茶舗では、こうした美濃地方の伝統的な技術を現代的にアレンジし、現代の私たちの暮らしに自然と溶け込む製品を提供することで、土地が育んできた文化と一緒に、新しい“日本茶のある暮らし”を提案しています。

日本茶のおいしい淹れ方

美濃加茂茶舗で販売している茶葉は、美濃加茂茶舗のオリジナルブレンド。淹れ方によってもまた違う一面を見せてくれるとか。

美濃加茂茶舗の公式インスタグラムで、日本茶のおいしい淹れ方が紹介されています。

温度を変えて三回お茶を出すことができるそうなのですが、このお茶をいれるときのお湯の温度調整って、悩ましいですよね。それが温度計を使わずとも簡単にお湯を冷ます方法があるということで、ぜひチェックしてみて! 

ユニークな店舗ビル「MINGLE」

美濃加茂茶舗の店舗は、美濃加茂市のコミュニティビル「MINGLE(ミングル)」の1階で営業開始します。

コミュニティビル「MINGLE」は、インターネットで資金を募るクラウドファンディングによって費用を調達し、美濃加茂市の駅前の空きビルをリノベーションして生まれたビルで、1階は美濃加茂茶舗の店舗としてのほか、国籍や職業、年齢に関係なく誰もが簡単にお店を出すことができるチャレンジショップスペースとしても活用。2階は宿泊施設、3階はオフィスフロアとしてシェアオフィスやコワーキングスペースとして利用が予定されているという。

英語で「交わる」「混ざる」といった意味の言葉である“MINGLE”には、在留外国人の多い美濃加茂市の多様な人々が混ざり合う拠点、そして美濃加茂の周辺にある魅力あるエリアを混ぜ合わせる拠点としての意味が込められているのだとか。

「人口の多い東京や名古屋、地域おこし協力隊がたくさんいる加茂圏域といった他の地域で暮らす人々がもつ多様な価値観・文化に触れて、美濃加茂で暮らす外国人や定時制高校の子供たちに『こんな選択肢もあるんだよ』というきっかけを与えたい。」

5000円でお店が出せる。みんなの思いが実現するコミュニティビル「MINGLE」 – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

日本文化が過去から現代へ入り交じり、地域内外のひとが行き交う拠点「MINGLE」で、ぜひおいしいお茶を味わってみては。

<店舗情報>
美濃加茂茶舗
営業時間:11:00~17:00
定休日:火曜日・水曜日(オープン日の2月5日(火)は、営業)
住所:505-0041 岐阜県美濃加茂市太田町2689-14 MINGLE 1F
公式サイト:http://mchaho.com

<参考>
【日本茶スタンド】新しい《日本茶のある暮らし》を提案。岐阜県美濃加茂市に日本茶ブランド「美濃加茂茶舗」が誕生。2月5日に店舗とECサイトがオープン|株式会社IDENTITYのプレスリリース
美濃加茂茶舗さん(@minocamo_chaho) • Instagram写真と動画
5000円でお店が出せる。みんなの思いが実現するコミュニティビル「MINGLE」 – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

投稿者プロフィール

ジャポニズム編集長
ジャポニズム編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。
着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。趣味は、園芸。ちいさなベランダで、金木犀などを愛でています。猫が好き。




LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK