「#13 白河小峰城」行ってきました! – 日本100名城スタンプラリー

日本100名城スタンプラリー、第三回城攻めに行ってまいりました! マイペース城攻め隊の第三回の舞台は、白河小峰城です。

白河小峰城とは

白河観光物産協会によると、奥州への関門として重要な地で、南北朝時代の1350年前後に結城親朝が城を構えたのがはじまり。その後、江戸幕府に命じられて、1632年に江戸時代の初代藩主・丹羽長重が完成させた梯郭式の平山城です。

※梯郭式とは?

本丸を城郭の片隅に配置し、周囲の2方向、あるいは3方向を他の曲輪で囲む縄張である。本丸の露出している側(たとえば背後)に、湖沼や山河、絶壁などの「天然の防御設備」がある場所に向く縄張である。

曲輪 – Wikipedia

1868年、戊辰戦争で激戦地となり櫓や門などが焼失。約120年の時を経て、1991年(平成3年)に三重櫓、1994年(平成6年)に前御門が江戸時代の絵図に基づき木造で復元されました。

2010年(平成22年)8月、その歴史的な重要性が評価され、国指定史跡に指定されています。

白河小峰城へのアクセス

白河小峰城へは、JR東北本線「白河」駅から徒歩約5分。無料の駐車場もあります。

(この日、私たちは、地元の方に車で連れて行っていただき、すいすい~と着いちゃいました! 敷地内もとても広いので、車があると便利です。)

八王子城のスタンプ台の場所

スタンプ台は各所あります。

  • 三重櫓
  • 二ノ丸茶屋
  • (公財)白河観光物産協会(白川駅観光案内所)
  • 白河集古苑

私たちは三重櫓のスタンプ台へまっしぐら。前御門をくぐって三重櫓へ。

心臓やぶりの石段を登ってぜえはあ言いながら到着。

スタンプ台の係の方と楽しくおしゃべりしました。そして、スタンプを無事にゲット! わーい。

見どころは、美しい石垣!

白河小峰城を築城した丹羽長重は、名築城家だったそうで、盛岡城・会津若松城とともに「東北の石垣造の三大名城」と称される高石垣が見どころということで楽しみにしてきた石垣がこれ。

どーん。

見渡す限り石垣です。

さすが “見どころ”とうたわれているだけのことはあり、見事な石垣にうっとりの白河小峰城でした!

[おまけ]グルメ情報:白河ラーメン

白河に来たら、ちょいと足をのばして白河ラーメンをご賞味されてはいかがでしょう。

地元の方に連れて行ったいただいた、「手打中華 すずき」の一杯。手打ちの縮れ麺が、とっても美味しかったです。また食べたい。

こくがあっておいしゅうございます。

<施設概要>
白河小峰城跡
所在地:福島県白河市郭内
アクセス:JR東北本線「白河」駅から徒歩約5分/無料の駐車場あり
見学時間:季節によって変動。詳しくは、問い合わせを。
問い合わせ先: (公財)白河観光物産協会 TEL) 0248-22-1147

※当記事の情報は、2019年6月21日現在の情報です。

<参照>
白河小峰城 – 福島県白河観光情報 | 行って!みっぺ!白河




japonism 編集長
大手ISP、東京・銀座の着物小売り店など勤務の後、独立。美容誌Webサイトディレクターをはじめ、CGM、企業オウンドメディア等、各種Webメディアの企画・編集に従事。着物好きが高じて着物の着付師修行も、手先不器用のため断念。それでも、大好きな日本の文化・いいモノ・コト・ヒトを伝えたいと、日本のいいね!が見つかるメディア『japonism』を、2018年6月たちあげ。日本のアップデートに、微力ながら貢献できればうれしい。初めての寄席にいって楽しかったので、また行きたい今日このごろ。

LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK